2年目も“体重オーバー”でスタート? レアルの7番に昨夏と全く同じ不安が

レアルのアザール photo/Getty Images

万全のコンディションではないか

昨夏レアル・マドリードが目玉新戦力として獲得したFWエデン・アザールは、リーガ1年目を残念な形で終えてしまった。

問題となったのはコンディションだ。昨夏もレアルに合流する際に7kgほど体重超過があったとされており、調整が遅れてしまった。

シーズンに入ってからも怪我が続くことになり、この体重超過も怪我に何らかの影響を与えていたのかもしれない。

2年目の今季こそはフルシーズン戦ってほしいところなのだが、またも不穏な話題が出てきた。

スペイン『Dairo Sport』は、今夏もアザールに体重超過の不安があると指摘している。

アザールはベルギー代表の一員として今月のUEFAネーションズリーグの戦いに召集されていたが、デンマーク戦とアイスランド戦の両方とも出場はなかった。

代表監督ロベルト・マルティネスはフィットネスが十分ではなかったと理由を説明しており、アザールのコンディションがベストでないのは明らかだ。

レアル側はこれにお怒りのようで、同メディアによればアザールの仕上がりはチームメイトより2〜3週間ほど遅れているという。

そのため、20日に予定されているレアル・ソシエダとの今季開幕戦に間に合う可能性は低いと見られており、ヴィニシウス・ジュニオールのバックアッパーとしてシーズンを開始する可能性が出てきている。

同メディアはチェルシー時代のパフォーマンスを披露しなければマドリード生活も長く続くことはないと見ているようだが、今季も実に不安定な船出となりそうな気配だ。

リーグ連覇、チャンピオンズリーグ制覇にはアザールの力が欠かせないが、ベストコンディションをいつ取り戻すのか。2年目の失敗は許されない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ