レアル時代は“失敗”じゃない 37得点42アシストの魔術師に今季は注目せよ

レアルでプレイしてきたハメス photo/Getty Images

今季のプレミアは青の軍団たちが面白い

新シーズンのプレミアリーグでは青をメインカラーとするチームに注目が集まる。

積極補強のチェルシーだけではない。カルロ・アンチェロッティ率いるエヴァートンもかなり面白いチームになってきたのだ。

エヴァートンはついにレアル・マドリードからMFハメス・ロドリゲスの獲得に成功し、ワールドクラスのチャンスメイカーを迎え入れることになった。これだけで注目するには十分すぎる理由だ。

アンチェロッティはレアル時代にハメスを指導しており、2人の間には確かな信頼関係があるはず。

エヴァートンはナポリからMFアランも獲得しているが、これもアンチェロッティ効果が大きいと言えるのではないか。アンチェロッティがいなければ、ハメス級の選手をエヴァートンが獲得するのは難しかったかもしれない。

問題はハメスがエヴァートンで機能するかどうかだが、能力的には問題ないだろう。

レアルでは失敗したイメージが強いが、通算125試合に出場して37得点42アシストと成績は見事だ。ジネディーヌ・ジダンの構想に入らなかっただけで、能力の高さは変わっていない。

英『BBC』はハメスがエヴァートンでFWリシャルリソン、FWドミニク・キャルバート・ルーウィンの背後にサポート役として入る可能性が高いと見ており、彼らにシュートチャンスを提供していくのがメインの仕事となる。

ハメスの加入でセットプレイの質も大幅にアップするはずで、上手くいけば一気に上位進出を狙えるかもしれない。

エヴァートンは昨季12位に終わっているが、果たしてどこまで順位を上げられるのか。左足の魔術師とともに目指すのは欧州カップ戦出場権獲得だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ