“パルチザンのジャガー”が牙を剝く 今季は日本の爆速FWに大ブレイクの予感

パルチザンの浅野 photo/Getty Images

欧州五大リーグ以外のサムライにも注目

最近も室屋成がドイツのハノーファーへ、遠藤渓太が同じくドイツのウニオン・ベルリンへ移籍するなど、やはり欧州五大リーグへ移籍した選手は話題になる機会が多い。

しかし、五大リーグ以外の環境で奮闘を続けるサムライのことも忘れてはならない。

8月よりスタートしたセルビア国内リーグにおいて、見事なロケットスタートを切ったのがパルチザン・ベオグラードに所属するFW浅野拓磨だ。

昨季はリーグ戦23試合に出場して4得点の成績に終わったが、今季は開幕からしっかりとポジションを確保。

22日に行われた第5節のインジャ戦ではハットトリックを記録し、早くもリーグ戦での得点数は昨季を超える6得点に達した。

序盤とはいえ、リーグの得点ランクでも首位に躍り出ている。セルビア『Vesti Online』は浅野のことを「パルチザンのジャガー」と呼んでおり、ゴールを決めた際に見せるジャガーのパフォーマンスはセルビアの方でも浸透しているようだ。

浅野は2016年にアーセナルと契約を結び、その後はドイツのシュツットガルト、ハノーファーでプレイしてきた。欧州五大リーグへ向かうタイミングは早い方だったが、残念ながら結果を残せなかった。

セルビアの国内リーグはブンデスリーガやプレミアリーグとは比較できないが、それでも国内の名門パルチザンで活躍できているのは見事だ。

25歳という年齢を考えれば、パルチザンでの活躍次第でもう1度欧州五大リーグで戦うチャンスがくる可能性もある。

日本代表にも今のパフォーマンスを持ち込んでほしいところで、パルチザンのジャガーにはさらなる爆発を期待したい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ