もう昔のメッシじゃない 偉大すぎる“2人の副官”の穴は永遠に埋まらない

バルサを支えたメッシ、イニエスタ、シャビ photo/Getty Images

今はメッシの仕事が多すぎる

バルセロナFWリオネル・メッシにとって、今季は非常に苦いシーズンとなっただろう。

個人的にはリーグ戦で20得点・20アシスト超えを記録する充実の内容だったが、それだけ活躍しながらリーグ戦もチャンピオンズリーグも落としてしまった。

今言っても仕方のないことだが、やはり偉大すぎる副官たちを失ったのが大きい。

副官とはシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタのことだ。そこにセルヒオ・ブスケッツを加えた黄金の中盤トリオは、メッシを活かすうえで欠かせない存在だった。

今はシャビ、イニエスタもチームを去り、ブスケッツも衰えを指摘されるようになった。中盤からメッシと阿吽の呼吸を見せる選手が見当たらないのだ。

スペイン『MARCA』によると、クラブOBのファン・カルロス・エレディア氏も今のメッシは仕事が多すぎると語る。

「シャビ、イニエスタがいた頃と同じメッシにはならない。以前のような彼のダイナミックさを見ていないよ。今のメッシは自身でゲームを作り、ゴールを決め、フリーキックも担当しなければならない。仕事は多い。彼は欧州の偉大なるクラブの責任を全て背負っていて、彼がいなければバルセロナはプレイできない」

今のバルセロナは全てがメッシ次第といった形になっており、戦術はメッシと言っても大袈裟ではない。

まずはメッシが気持ちよくプレイできる環境を整えなければならない。それがタイトルへの近道か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ