“タキ”の動きは信じられない リヴァプールファンが確信する来季の南野拓実

リヴァプールの南野 photo/Getty Images

ノーゴールに終わったが……

結果だけを見れば、日本代表FW南野拓実はリヴァプールでゴールを奪うことができないまま今季の日程を終えてしまった。

今冬にザルツブルクから加入した南野には大きな期待がかけられていたが、ひとまずプレミアリーグでの初ゴールは来季まで待たなければならない。

それでも、リヴァプールサポーターの反応は悪くない。26日に行われたニューカッスル戦で先発した南野について、まずまず良い動きだったと評価する意見が多いのだ。

英『HITC』がまとめているが、現地サポーターはニューカッスル戦の内容から来季に期待できると南野を称えてくれている。来季へ悪くない最終ゲームだったと言えよう。

「前半の南野はシャープだった」

「南野とケイタはファンタスティックだったし、来季の彼らが楽しみ」

「南野は毎試合良い感じに見える。よりシステムに合ってきていて、チャンスメイクも増えた」

「タキの動きは信じられない」

ニューカッスル戦はディボック・オリギ、アレックス・オックスレイド・チェンバレンらと前線ユニットを組んでおり、サディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノはベンチスタートだった。

普段見慣れない光景ではあるものの、彼ら3人がいないことで南野の自由度が増した部分もあるだろう。来季も南野はバックアッパーからのスタートとなるはずだが、早い段階でゴールを決めてフィルミーノらにプレッシャーをかけたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ