33歳の“爆速FW”は止まらない ドログバ、ベルバトフを超える記録が生まれた

レスターのバーディ photo/Getty Images

塗り替えた得点王の記録

リヴァプールのモハメド・サラー、アーセナルのピエール・エメリク・オバメヤン、突如数字を伸ばしてきたサウサンプトンのダニー・イングス。

彼らを抑え、今季のプレミアリーグ得点王のタイトルを手にしたのはレスター・シティのジェイミー・バーディだった。

レスターの絶対的エースであるバーディは、今季23得点でフィニッシュ。イングスとオバメヤンは最終節にゴールを奪う追い上げを見せたが、2人ともバーディには1点届かなかった。

バーディは33歳でプレミア得点王のタイトルを手にすることになったが、これはプレミアリーグの歴史では最年長での得点王獲得だという。

バーディが得点王を獲得するまでは、元チェルシーFWディディエ・ドログバがこの記録を持っていた。

ドログバは32歳だった2009-10シーズンに29得点を挙げて得点王のタイトルを獲得。

その下を見ていくと元マンチェスター・ユナイテッドFWディミタール・ベルバトフが30歳時に20ゴールで得点王、同じく30歳時に元チェルシーFWニコラ・アネルカが19ゴールで得点王を獲得。30代で得点王を獲得したのはバーディで4人目だ。

レスターも今季は5位でフィニッシュする大健闘を見せたが、それでも中堅クラブだ。そこで得点を量産するバーディの得点力は称賛されるべきだろう。

33歳になってもスピードは衰えておらず、おそらくは来季もゴールを量産できるはず。目指すは自身の記録を塗り替える34歳での得点王獲得だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ