熱すぎたブンデスのアシスト祭り ゴールを演出し続けた“5人”のマエストロ[映像アリ]

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

アシスト王争いは超熾烈なものに

今季のブンデスリーガで目立ったのは、極上のパスでゴールを演出するパサーたちの存在だ。

バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキやドルトムントFWアーリング・ハーランドのゴールに注目が集まりがちだが、それらを演出するチャンスメイカーたちの存在を忘れてはならない。

ブンデスリーガ公式が「中盤のマエストロたち」と題して今季活躍したチャンスメイカー5人を紹介しているが、彼らのアシスト数は非常に印象的だ。

まず5位には鎌田大地と長谷部誠のチームメイトであるフランクフルトMFフィリップ・コスティッチ。

二桁アシストが当たり前の存在となりつつあるが、今季もリーグ戦にて11アシストを記録。その左足の精度は世界レベルで、フランクフルト屈指のチャンスメイカーなのは間違いない。

4位は今季よりブンデスリーガに挑戦しているライプツィヒMFクリストファー・エンクンク。

パリ・サンジェルマンの下部組織で育ってきた逸材は、初のブンデスリーガにも関わらず5得点13アシストと見事な活躍を披露。FWティモ・ヴェルナーのゴール量産にも貢献した。

3位は同じく13アシストを記録したドルトムントFWトルガン・アザール。今季に限れば兄のエデン・アザールよりも輝いており、存分に才能を披露してみせた。

2位は同じドルトムントからFWジェイドン・サンチョ。今やワールドクラスのアタッカーとなったサンチョは、今季も17得点16アシストと驚異的な数字を残している。イングランドのエースと言っても大袈裟ではない。

そして1位は、指揮官交代から別人へと姿を変えたバイエルンFWトーマス・ミュラーだ。

シーズン当初はアシスト王争いには絡んでいなかったのだが、指揮官がハンジ・フリックに代わったところから覚醒。驚異的なペースで数字を伸ばして21アシストを記録してみせた。


サンチョとミュラーのアシスト王争いを筆頭に、今季のブンデスリーガはチャンスメイカーたちの活躍が目立っていた。得点王争いは毎シーズンのように話題となるが、これだけアシスト数に注目が集まったシーズンも珍しいのではないだろうか。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ