もはや“サムライの番人”がいなければ戦えない 遠藤航が抜ければ大ピンチ

シュツットガルトの遠藤 photo/Getty Images

悪夢のカールスルーエ戦に

14日に行われたブンデスリーガ2部第31節のカールスルーエ戦は、シュツットガルトにとっては非常に痛いものとなった。

1-2で敗れたことはもちろんだが、このゲームで守備の要となっているシュツットガルトMF遠藤航がイエローカードを受けてしまった。

これで遠藤の通算イエローカード枚数は5枚となり、累積警告で次節のザントハウゼン戦が出場停止となる。すっかりフル出場が当たり前となっていただけに、遠藤の出場停止はシュツットガルトにとって痛手だ。

独『Echo24』も遠藤無しで戦うことになってしまったと嘆いており、シュツットガルトの守備組織に欠かせぬ人材だったと強調している。

「シュツットガルトはもはや遠藤なしでは戦えない」

同メディアはこのようにも伝えており、遠藤はいつしかチームに欠かせぬ守備のキーマンとなった。シュツットガルトも穴埋めには苦労することだろう。

今回の敗戦でシュツットガルトは3位へ後退することとなったが、ここで踏ん張れるだろうか。昇格へ落とせない残り3試合だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ