世界最高級SBから“全選手中最強”へ A・アーノルドに見出す可能性

リヴァプールのA・アーノルド photo/Getty Images

21歳にレジェンドはメロメロ

今季ここまでイングランド・プレミアリーグで首位を独走するリヴァプールには多くのワールドクラスがいる。GKアリソン・ベッカー、DFフィルジル・ファン・ダイク、FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネは真っ先に名前が上がるスーパースターだ。そして、右サイドバックを務めるDFトレント・アレクサンダー・アーノルドもその1人としてカウントすることができるだろう。

右サイドからの果敢な攻め上がりでリヴァプールの攻撃を支えるA・アーノルド。高いキック制度を活かしてチームのプレイスキッカーも務める彼はここまでリーグ戦で12アシスト。現“世界最高"の右サイドバックを選ぶなら、間違いなく候補に入ってくる選手と言っていい。

そんな21歳という若さにしてワールドクラスの評価を確立したA・アーノルドは、いずれポジションの枠を超えて“世界最高の選手”となるのだろうか。かつてブラジル代表を主将として牽引した同国のレジェンドであるカフー氏が彼の才能を絶賛している。

「A・アーノルドはセンセーショナルな選手だよ。稀有な才能を備えているね。これまでと同じように今後もプレイし続ければ、いずれは世界最高の選手の1人になると思うね。そのポテンシャルを持ってすれば、FIFA年間最優秀選手賞も勝ち取ることができるはずだ。テクニックは素晴らしいものを持っているし、クオリティも非常に高い。なんというか、スタイルがブラジル人選手のそれに近いんだ。私は彼のプレイを見るのが大好きだよ。そして、リヴァプールという素晴らしいチームでプレイすることは、彼の成長を助けてくれるはずさ」

『FIFA.com』のインタビューに対して、カフー氏はこのように話している。歴代最高の右サイドバックと呼ばれることも多い同氏だが、現役最強クラスの後輩にはメロメロなようだ。

サイドバックでFIFA年間最優秀選手賞を受賞することとなれば快挙となるが、はたしてA・アーノルドはいずれその偉業を成し遂げることができるのだろうか。彼ならば決して夢物語とは言えないだけに、若者のさらなる成長に期待したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ