呪い続く“マンU・7番”の行方 18歳FW着用案に割れる意見「失敗の始まり」

マンUのグリーンウッド photo/Getty Images

トレーニングで着用している姿が話題に

マンチェスター・ユナイテッド伝統の背番号7を誰に任せるべきなのか。これは近年も議論を巻き起こしてきた。

クリスティアーノ・ロナウドが退団してから7番を着用して成功を収めた選手がいないため、伝統の7番が「呪いの番号」と嫌な形で注目を集めるようになってしまったのだ。誰が呪いを解くのかサポーターも気にしていることだろう。

やはりビッグネームに7番を任せるのが妥当だろうが、意外な案も出てきた。クラブでブレイクしつつある18歳FWメイソン・グリーンウッドに任せてはとの意見もあるのだ。

というのも、グリーンウッドは先日クラブで行われた紅白戦にて7番のユニフォームを着ていた。英『Manchester Evening News』によると、これがサポーターの間でも話題になっているという。

「グリーンウッドの7番は良い」

「似合っている」

その一方で、もう少し実績ある選手に任せた方がいいとの慎重論もある。

「彼には11番を与えるべきと思う」

「これは失敗の始まりだ」

「個人的にはラッシュフォードが7番にふさわしいと思う」

「まだ26番の方が良いのでは……」

グリーンウッドの才能は誰もが認めるところで、NEXTロビン・ファン・ペルシーなんて声もあるほどだ。期待は大きいが、7番を安心して任せるレベルの選手にまで成長できるだろうか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ