たった半年で中国へ行くとは…… アトレティコで大失敗した大型FWの記憶

アトレティコで成功できなかったジャクソン・マルティネス photo/Getty Images

未来は明るいかと思われたが……

FCポルトで国内リーグ3シーズン連続20ゴールと圧巻のパフォーマンスを披露し、満を持してアトレティコ・マドリードへ。

ここまではコロンビア人FWジャクソン・マルティネスのキャリアは完璧だった。ポルトガル国内でNo.1ストライカーとなり、欧州五大リーグへ挑戦する流れは理想的だ。

アトレティコでも185cmのストライカーが躍動すること間違いなしと考えられていたのだが、これが期待を大きく裏切る結果となってしまった。

アトレティコでは半年しかプレイせず、2016年冬にはまさかの中国移籍を決断。この動きに驚いた人も多いだろう。

スペイン『MARCA』によると、マルティネスも「素晴らしいサポートがあった。だけど、うまく機能しなかった。重要なのはチームに適応することだけど、僕は適応しなかった」と振り返る。

フィジカルの部分でもディエゴ・シメオネのスタイルに合うのではないかと考えられていただけに、この補強が機能しなかったのは痛かった。

そんなマルティネスは、現在再びポルトガルに戻ってポルティモネンセでプレイしている。そこでも今季は19試合で1得点のみと苦戦しているのだが、ポルト時代の輝きを取り戻してほしいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ