「残り9試合で7〜8勝しなきゃ……」 試されるトッテナムの底力

来季CL出場が危ぶまれているトッテナム photo/Getty Images

CL出場権確保にむけて勝負の時

2018-19シーズンはファイナリストとなったにもかかわらず、トッテナムの来季チャンピオンズリーグ出場が危うい。現在はプレミアリーグで勝ち点41の8位。来季CL出場圏内の4位チェルシーとは残り9試合で7ポイントの差がついている。状況は厳しい。

しかし、希望が潰えているわけではない。トッテナムはジョゼ・モウリーニョ監督の下でMFデル・アリが復活し、DFジェイフェス・タンガンガといった若い選手が台頭。リーグ戦中断期間が長引いたことで、今季絶望とも言われていたエースFWハリー・ケインが終盤に復帰する可能性も出てきた。何かキッカケがあれば浮上できる予感は漂っていると言っていい。再開後に怒涛の連勝街道を突き進めば、滑り込みでのCL出場権確保も夢ではないはずだ。

そんな中、ケインが残り9試合におけるトッテナムの目標を語っている。エースはほぼ全勝する勢いで勝ち星を重ねないと、スパーズのCL出場権獲得は難しいと考えているようだ。英『Daily Mail』が伝えている。

「僕らはトップ4に入らなければならない。それに疑いの余地はないね。再開一発目のマンチェスター・ユナイテッドとの試合は非常に重要な一戦となるだろう。現実的にCL出場権を獲得するには、残り9試合で7〜8勝程度しなきゃいけないと思っているよ。目標はそのくらいでないと。もし本気で来季CLに出たいのなら、しっかりとコンディションを仕上げておかないとね」

残り9試合で7〜8勝。なかなかに厳しい状況であることがこの数字からも感じることができる。はたして、トッテナムはこの逆境を跳ね返す大逆襲をリーグ戦再開後に披露することができるか。今、スパーズの底力が試されようとしている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ