ケインの未来はトッテナムにないのか 「ユース時代から野心的だった」

今夏トッテナム退団の可能性があるケイン photo/Getty Images

元指揮官が語る現エースの去就

トッテナムの絶対的エースは今季限りでユース時代から過ごしてきたクラブに別れを告げることとなるのだろうか。イングランド代表FWハリー・ケインには今夏移籍の噂が浮上している。

その理由の一つとされるのが、トッテナムの獲得タイトル不足だ。スパーズはプレミア“ビッグ6”の一角に数えられながらも、2007-08シーズンにリーグカップを制して以降タイトルから遠ざかっている。リーグ最高クラスのストライカーとして評価を確立しつつも、チームでの栄光を勝ち取れない現状にエースは不満を抱いていると伝えられている。

そんな中、かつてトッテナムで指揮を執ったハリー・レドナップ氏が現エースの去就について語っている。英『talkSPORT』の番組に出演した同氏はケインの残留を願いつつも、今のチームならば彼が移籍を選択したとしてもおかしくないと、自身の見解を次のように明かした。

「その可能性は常にあると思っているよ。ケインが残留してくれることを祈っているけれど、それにはトッテナムが何かを掴み取ることが重要だね。だけど、今のところは良くてカップ戦ぐらいしかタイトルを獲得する見込みがないね。現在の彼らを見ていると、とてもプレミアで優勝できるとは思えない。明らかに2,3年前よりも弱体化しているよ」

「だから、ケインを慰留することは難しいかもしれない。私は彼のことが大好きだが、彼はユース時代からとても野心的な選手だった。トッテナムがいつまでもタイトルを獲得できないのならば、次のステップを目指す可能性は十分にある。そして、世界中のどのクラブも彼のことを欲しがるだろう。トッププレイヤーであり、偉大な男だからね」

ここのところ、2,3年前の好調期にチーム支えた実力者の放出が目立つトッテナム。ケインの流出だけは絶対に阻止したいところだが、それもなかなかに厳しい話となってきているか。今後の動向には注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ