新たな“レヴァンドフスキの後継者”はこの男 18歳が偉大な先輩の背中追う

レフ・ポズナンでプレイするマルヒウィンスキ photo/本人Instagram

“レヴァンドフスキ式”のステップアップも

バイエルン・ミュンヘンで得点を量産するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの後継者。そう聞けば、昨季まではFWクシシュトフ・ピョンテクがその最右翼だったと言えるだろう。ジェノアやACミランで得点を量産していた男に対する期待値はかなり高かった。

しかし、そのピョンテクも“一発屋”だったのか。今季は開幕から不振に喘ぎ、結局冬の移籍市場でヘルタへ放出されることとなってしまった。ポーランドの人々もこれは少し残念に思ったかもしれない。やはり“レヴァンドフスキの後継者”というものはなかなか見つからないのか。

そんなことはない。そう主張するのは独『Revier Sport』だ。同メディアはポーランドにはまだまだ期待の若手ストライカーがゴロゴロいると訴える。その中でも彼らが特に注目するのは、レヴァンドフスキと同じ道を辿るかもしれない18歳だ。

その18歳とは、レフ・ポズナンに所属するFWフィリップ・マルヒウィンスキ。U-19ポーランド代表では背番号10を着用している選手で、今季所属クラブでは早くも公式戦19試合に出場し4ゴールを挙げている。現在はドルトムントが彼の獲得に興味を持っているとされ、レフ・ポズナンから移籍すればレヴァンドフスキと同じキャリアを歩むこととなる。このようにプレイ以外の面も彼が新たな“レヴァンドフスキの後継者”と呼ばれる所以だ。

「現在、ポーランドの17歳や18歳の世代には5,6人の逸材がいるんだ。まるで真珠のような輝きを放つ選手がね。ゆくゆくは素晴らしい選手になると思うよ。マルヒウィンスキは確実にそのうちの1人だ。ポズナンに後どれほどいるかはわからないけれど、そのうちビッグクラブに移籍できる選手だと私は思っている」

かつてシャルケなどで活躍した元ポーランド代表DFトマシュ・ハイト氏は18歳の印象をこのように語っている。これを受けて、『Revier Sport』は「現時点でレヴァンドフスキには遠く及ばないかもしれないが、ドルトムントは今のうちにこの才能を確保しておくべきかもしれない」と主張しているが、はたしてどうなるか。ポーランド期待の若きストライカーがビッグクラブでブレイクする日はそう遠くないかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ