メッシの“No.1ゴール”はどれだ 伝説の尻もちゴール、FKまでBEST10

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

どれも美しすぎるゴールばかり

バルセロナFWリオネル・メッシがリーガ・エスパニョーラで初のゴールを決めてから15年が経過した。この15年で数え切れないほどのスーパーゴールを見せてくれたが、サッカーファンはどのゴールが1番好きだろうか。

スペイン『as』はメッシのスーパーゴール集をまとめているが、どのゴールも驚愕のものばかりだ。

1.VSアルバセテ

まずはメッシの初ゴールからだ。ロナウジーニョのパスを受けたメッシは、GKの頭上を抜く冷静な一撃でゴールゲット。メッシ伝説がスタートした瞬間だ。




2.VSマラガ

メッシらしい右サイドから切り込んでの一撃だ。胸トラップで相手をかわし、一気にペナルティエリアまで侵入して右足でフィニッシュ。右でフィニッシュしているのは少し珍しいポイントだろう。




3.VSレアル・サラゴサ

中盤でボールを奪い、そこから1人でカウンター完了。まるでゲームの世界のようなプレイで、相手DFはその柔らかく高速なタッチに全くついていくことができていない。




4.VSレアル・マドリード

ライバルのレアル相手にも関係なくビューティフルゴールを決めているのもメッシの特徴だ。これはチャンピオンズリーグでのゴールだが、中盤でボールを受けてから1人で全員をかわしてゴールを決めている。




5.VSアスレティック・ビルバオ

ビルバオも何度かメッシにスーパーゴールを決められているチームの1つだが、その中で同メディアが選んだのは中盤から切り返しの連続で相手守備陣を崩し、お得意の左でゴールへ流し込んだ一撃だ。(ビルバオ戦のゴールは下)




6.VSバイエルン

忘れてはならないジェローム・ボアテング尻もち事件である。一流のセンターバックがドリブルについていけず、一回転して尻もちをつくなど普通のことではない。メッシを代表するゴールの1つと言えよう。





7.VSレアル・マドリード

再びレアル戦からだ。このゴールは難易度は他のゴールほど高くないかもしれないが、試合終了間際に決めていることがポイントだ。しかもメッシにとってバルセロナ通算500点目で、サポーターにとっては印象深い一撃だろう。




8.VSレアル・ベティス

地を這うミドルシュートだけでなく、GKの頭上を襲うループシュートも得意技だ。折り返しにダイレクトで合わせているのも特徴で、GKとしては予想していないシュートだったか。




9.VSリヴァプール

こちらも外せない。2戦合計のスコアでは惜しくも敗れたが、メッシはチャンピオンズリーグの舞台でリヴァプールGKアリソン・ベッカー相手に強烈なフリーキックを決めてみせた。メッシ史上最高級のフリーキックだ。




10.VSアトレティコ・マドリード

こちらも先ほどのレアル戦弾と同じで、試合終了間際の決勝点として高く評価されている。堅守のアトレティコ相手に決定的な働きが出来るのは見事としか言いようがない。




今は新型コロナウイルスの影響でサッカーがストップしており、早く安心してメッシのスーパープレイを楽しめる日々が戻ってきてほしい。サッカーが再開されれば、再びメッシもスーパーゴールを連発してくれることだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ