「まるで山にぶつかったよう」モラタが選ぶ最強のセンターバック3人は?

ファン・ダイクと競り合うモラタphoto/Getty Images

いずれもワールドクラス

ゴールという結果を求められるストライカーにとって、せっかくのゴールチャンスを全力で潰しに来る屈強なCBは、宿敵とも言える存在だ。

『as』によると、スペイン、イタリア、イングランドと3カ国でプレイした経験を持つアトレティコ・マドリードFWアルバロ・モラタは、もっともタフだった対戦相手として3人のCBを挙げている。

3人のうち2人は元チームメイトだ。ユヴェントスのジョルジョ・キエッリーニ、レアル・マドリードのセルヒオ・ラモスの名を挙げている。もう1人は、リヴァプールのフィルジル・ファン・ダイクだ。

「キエッリーニ。わざとかどうかはわからないけど、彼と対戦するといつも僕は打ち砕かれてしまう。セルヒオ・ラモスもタフなディフェンダーだね。そしてファン・ダイクと対戦すると、まるで山にでもぶつかっているようなんだ」

ユヴェントス、レアル、チェルシー、アトレティコと常にトップクラブに身を置いてきたモラタ。さまざまなCBと対戦してきたはずだが、さすがにこの3人のワールドクラスが相手だと分が悪いと感じているようだ。


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ