アルテタのNo.1ターゲットはこの男 ただし代償はラカゼット

運動量や献身性が高く評価されるトーマス photo/Getty Images

中盤のユーティリティ欲する

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、アトレティコ・マドリードのMFトーマス・パルティを欲しているようだ。

英『Daily Mail』によれば、アーセナルは守備的なMFの獲得に必死になっており、トーマスがファーストターゲットだという。トーマスは走ることを厭わない献身的かつ強靭なボックス・トゥ・ボックスのMFで、今のアーセナルにはいないハードワーカータイプ。アルテタ自身も、中盤の強度が足りないと感じているのかもしれない。

しかしトーマスの市場価格は5000万ポンドと高額。来季のCL出場圏の確保が絶望的となったアーセナルにとって、資金繰りは悩ましい問題だ。

そこで出てきたのが、FWアレクサンドル・ラカゼットをトレードすることで、獲得資金を抑えるというやり方だ。得点力不足に悩むアトレティコは今冬にFWエディンソン・カバーニの獲得に失敗しており、ストライカーの獲得は望まれるところ。ラカゼットの獲得報道は、先月の初旬ごろからタブロイド紙を賑わせている。

ラカゼットは今季7ゴール3アシストと目立った結果を残せておらず、ベンチに座る機会も増えている。しかし、前線で絶えず動き回る献身性を高く評価する声もあり、アーセナルに欠かせない選手だと考えるファンも多い。果たしてトーマスとラカゼットのトレードは、いかなるバランスの変化をもたらすだろうか。


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ