“第2のデ・ブライネ”になるぞ トッテナムファンが心配する才能の流出

トッテナムのエンドンベレ photo/Getty Images

モウリーニョとの関係に疑問も

名将ジョゼ・モウリーニョにとってキャリア最大のミスの1つと言われているのが、チェルシー時代のMFケビン・デ・ブライネ放出だ。

もっとも当時のデ・ブライネは完成された選手ではなかったため、仕方がない判断ではあった。しかしその後デ・ブライネはヴォルフスブルクで成長し、今や世界最高クラスのチャンスメイカーへと成長を遂げた。チェルシーのサポーターとしては悔やんでも悔やみきれない展開だ。

そんな中、今トッテナムのサポーターが心配していることがある。第2のデ・ブライネが生まれてしまうのではないかとの恐れがあるのだ。

英『HITC』によると、トッテナムのサポーターが気にしているのは昨夏リヨンから加わったMFタンギー・エンドンベレの動向だ。

エンドンベレは高い能力を持つMFと評価されてきたが、モウリーニョとの関係は疑問視されている。何度かモウリーニョがパフォーマンスを叱責したこともあり、今では退団論まで浮上しているというのだ。

この話題をサポーターも心配しているようで、第2のデ・ブライネになるのではとの意見がSNS上にも挙がっている。

「エンドンベレがデ・ブライネのケースになろうとしている。彼がワールドクラスの選手になった時、我々は手放したことを永遠に後悔することになるだろう」

「ベイルもモドリッチもソン・フンミンも最初は適応に時間がかかった。エンドンベレもスーパーなタレントの持ち主だから、時間を与えるべき」

「エンドンベレを手放せば、我々にとってのセルジュ・ニャブリとなってしまう。ミスを繰り返してはならない」

現在バイエルンで大活躍するニャブリも、アーセナルを離れてから大化けした選手だ。エンドンベレを同じケースにしたくないとトッテナムサポーターが思うのも当然だが、エンドンベレの未来はどうなるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ