冨安の次にブレイクする男? ボローニャの20歳が“謎の物体”から進化を遂げる

ボローニャでのブレイクに期待がかかるオルセン photo/Getty Images

“金の卵”は他にも

今季、セリエAのボローニャでは日本代表DF冨安健洋が存在感を発揮している。昨夏加入時点でここまで同選手がチーム内で影響力を持つことになるとは、多くのボローニャファンが思ってもみなかったはずだ。まさに大ヒット補強と言える。

しかし、昨夏ボローニャが確保した未来のスター候補は冨安だけでない。伊『Gazzetta dello Sport』が注目するのはもう一人の“金の卵”。デンマーク1部・ノアシェランから獲得した20歳のU-21デンマーク代表FWアンドレアス・スコフ・オルセンだ。

今季ここまでセリエAで19試合に出場しながらも、プレイタイムは僅か504分となっているオルセン。新天地での最初のシーズンは少し厳しいものとなっているが、ここから本領発揮を発揮するはずと『Gazzetta dello Sport』は睨んでいる。「若きデンマークのストライカーは今のところ定位置を掴めてはいないが、“謎の物体”が信頼を失っているわけではない」と評し、若者の評価大逆転に期待している様子だ。

昨季はデンマークにおいて、リーグ戦26試合の出場で19ゴールを記録したオルセン。同国代表のトッププロスペクトの1人とみなされている逸材で、右サイドからのカットインを得意とするレフティーだ。身長187cmと長身ながら、細やかで巧みなボールタッチを用いて敵を翻弄するドリブルは絶品。過去にはスペイン『as』も「ノリに乗っている際の華麗な突破はまるでリオネル・メッシのようだ」と、彼のドリブルには賛辞を送っている。

はたして、この先ボローニャでオルセンは覚醒するのだろうか。デンマーク産の新たな才能が開花する日をファンは待ちわびている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ