アーセナルはどの守備的MFを獲得すべき!? オススメされる“5人”の実力派MF

ボルシアMGのザカリア photo/Getty Images

アーセナルに守備的MFは必要か

アーセナルは長年中盤を引き締める強力な守備的MFが必要と指摘を受けており、指揮官ミケル・アルテタも今後の移籍市場で即戦力の守備的MFを狙っていくのではと予想されている。

そこで英『Football London』が候補者を5名リストアップしているのだが、アーセナルはどの選手の獲得に動くべきなのか。

1.エドゥアルド・カマビンガ(レンヌ/17歳)



今や人気No.1の若手MFと言っても大袈裟ではないだろう。フランスのレンヌで急成長するカマビンガにはレアル・マドリードも興味を示しており、今夏に争奪戦となるのは間違いない。将来性も考えるとカマビンガの獲得がベストオプションと言えるのかもしれないが、さすがにハードルが高いか。

2.オーウェン・オタソヴィー(ウォルバーハンプトン/19歳)



聞き慣れない選手かもしれないが、同メディアはオタソヴィーがアーセナルにとっての解決策になる可能性があるとプッシュしている。リヴァプール、パリ・サンジェルマン、シャルケなども関心を示しているようだが、188cmのサイズを活かしてセンターバックも担当できるところが魅力だ。守備専門MFとして、アメリカ世代別代表にも選ばれてきたオタソヴィー獲りへ本腰を入れるのも悪くないだろう。

3.トーマス・パルティ(アトレティコ・マドリード/26歳)



パルティにアーセナルが関心を示しているとの話題は何度も噂されている。典型的な守備的MFとは言えないかもしれないが、同メディアは今のアーセナルにないものをプラスできる存在と評価する。

オタソヴィーに比べ、こちらは完全なる即戦力としての補強だ。

ウェストハムのライス photo/Getty Images

4.デクラン・ライス(ウェストハム/21歳)



すでにプレミアリーグの環境を理解している選手からチョイスするなら、イングランド代表のライスが最適だ。チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドと国内のライバルも関心を示しているようで、争奪戦となる。すでにウェストハムでは実力を存分に発揮しており、アーセナルにとっては理想的な守備的MFと言えるはずだ。

5.デニス・ザカリア(ボルシアMG/23歳)



こちらも大人気プレイヤーだ。ボルシアMGは今季ブンデスリーガで大きな成功を収めているが、スイス代表の189cm大型MFザカリアはそのチームで重要な役割を果たしている。リヴァプールも関心を示しているようで、同メディアも最終ラインの前でフィルター役になれるはずと期待をかける。身体能力も高く、パトリック・ヴィエラ風MFと表現しても問題ない。こちらも理想的な選手だ。


今のアーセナルの戦力を考えると、5人とも魅力的だ。1枚くらいは守備専門MFがいてもいいはずで、サポーターも実力派守備的MF獲得に期待しているはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ