メッシの邪魔をする者は許されない!? グリーズマン獲得は失敗だったのか

バルセロナのメッシとグリーズマン photo/Getty Images

ネイマール復帰こそが最善の道なのか

1億ユーロ以上の資金を投じたというのに、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン獲得プランは失敗だったのだろうか。

グリーズマンは昨夏にアトレティコ・マドリードからバルセロナに加わったが、まだ実力を100%発揮できていない。

今ではパリ・サンジェルマンFWネイマール復帰プランまで騒がれており、グリーズマンの立場は微妙なものとなっている。

英『90min』もグリーズマンの獲得は失敗であり、ネイマールとトレードすべきとの認識を示している。その1番の理由は、FWリオネル・メッシとの関係だ。

バルセロナではメッシ、ルイス・スアレスがいるため、グリーズマンは自然と左ウイングのポジションになる。ここはネイマールも務めていたポジションだが、グリーズマンとネイマールではタイプが大きく異なる。

何より利き足が違い、左サイドからカットインするプレイはネイマールの方が得意だ。また同メディアは、メッシとグリーズマンの仕事が重なっていることを問題視しており、メッシと合わない選手はカンプ・ノウで長く続かないとまで主張する。

「グリーズマンはシメオネの下で自由に動き、魔法を発揮するためのスペースを探していた。アトレティコでは彼こそが中心だった。しかし、バルセロナの中心はメッシだ。メッシの邪魔をすることはできず、メッシに迷惑をかける選手はカンプ・ノウで長くは続かない」

ネイマールは過去にスアレス、メッシと見事な連携を築いており、今復帰しても3人のコンビネーションは衰えていないはず。

左ウイングをメインポジションとしていないグリーズマンがメッシと抜群の連携を築くのは難しいのかもしれない。ネイマール復帰でのMSN再結成がバルセロナにとって最高のシナリオか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ