東京五輪で活躍が期待された堂安、延期をどう思う?「僕もニュースで知って……」

東京五輪世代の主力のひとりとして活躍が期待された堂安 photo/Getty Images

ファンへ動画でメッセージ

PSVに所属する日本代表FW堂安律が、SNSを通じて東京オリンピックの延期についてコメントした。

国際オリンピック委員会(IOC)は24日、安倍晋三首相との電話会議を経て、今夏に開催予定だった東京五輪を延期することで合意に至ったと発表。前例がなく予想不可能な新型コロナウイルスの流行により、今もなお世界各国の状況が悪化しており、WHOから提供された状況をもとに2021年夏まで1年程度日程を変更する必要があると結論付けたという。

そして、今回の発表にすぐさま反応したのが堂安だ。すでにA代表としてもプレイしている同選手だが、1998年6月16日生まれの21歳ということもあり、年齢制限のある(オリンピックの男子サッカー競技の出場資格は前年12月31日時点で23歳未満)東京五輪でもチームの中心選手としての活躍が期待されていた。そんな堂安が24日の深夜に自身のTwitterを更新し、ファンへ動画でメッセージを送った。

「オリンピックの延期が決定したということで、先ほど僕もニュースで知って……。1つは、やっぱりオリンピックのために準備してきたというのもありましたし、そのためにトレーニングは積んできたので、少なからず驚きはありました」

「それと同時に、ヨーロッパで僕は暮らしていて、おそらくヨーロッパの方が最近は深刻な状況になっている中で、僕はここ2週間程ですが自宅で待機している状況で、オリンピックがどうなるかもわからず待機しているのはすごく辛かった。こうして早く決断してくれたこと、そして1年後というまた自分の中で新しい目標を立てられることを僕はポジティブに捉えています」

「もちろん、いろんな人の気持ちはあると思いますが、日本だけじゃなく世界がひとつになってこの危機を乗り越えて、そして僕たちアスリートは1年後、目標に向かってしっかり調整して、みなさんに感動を与えられるように頑張りたいと思います」

1年後の飛躍を誓った堂安に対して、多くのファンが「1年後絶対に優勝!!」や「1年後期待しています」、「しょうがない。世界全体で乗り越えていこう!」、「こういう時こそ、世界が一つにならないといけない」などと反応していた。また、年齢制限のある男子サッカー競技は今回の延期で対象年齢から外れてしまう選手もいるため、今後どのような対応がなされるか注目だ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ