ファビーニョ、マクトミネイも 名将モウリーニョがデビューさせた実力者たち

マンUのマクトミネイ photo/Getty Images

若手にもきっちりとチャンスを与えている

現在トッテナムを指揮するジョゼ・モウリーニョは、若手育成を苦手としている指揮官と言われることもある。しかし、それは正しい表現ではないのかもしれない。

英『Planet Football』がモウリーニョの下でデビューした選手たちを特集しているが、想像以上に多い。モウリーニョが才能を見出し、今ではチームの重要プレイヤーとなっている者もいるのだ。

例えばレアル・マドリードではFWアルバロ・モラタ、DFナチョ・フェルナンデス、さらに現在リヴァプールでプレイするMFファビーニョ、シャルケでプレイするMFオマール・マスカレルもデビューさせている。当時のレアルはクリスティアーノ・ロナウドやメスト・エジルらが揃うスター軍団だったが、その中で数名の若手にきっちりとチャンスを与えているのだ。

チェルシーではDFアンドレアス・クリステンセン、MFルーベン・ロフタス・チークもデビューさせた。マンチェスター・ユナイテッドではMFスコット・マクトミネイ、DFアクセル・トゥアンゼベもそうだ。

彼らはチェルシー、マンUで確かな戦力となっており、これはモウリーニョの目利きが優れていることの証と言えよう。

現在指揮するトッテナムでもDFジェイフェス・タンガンガ、マラキ・フェーガン・ウォルコットに出番を与えており、彼らも将来的に化ける可能性があるとモウリーニョが判断したのだろう。

1つのクラブに長く留まるタイプの指揮官ではないことも、育成下手との印象を与えてしまっているのかもしれない。それでもモウリーニョの目が優れているのは確かで、モウリーニョがデビューさせた選手がその後ヒットしているのは見事と言える。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ