上位クラブでなくても名手はいる プレミア・トップ6“以外”から選ぶベスト11

クリスタル・パレスのケイヒル photo/Getty Images

プレミアを盛り上げる実力者たち

イングランド・プレミアリーグには世界各国から有能な選手が数多く集まっており、日々ハイレベルな戦いが繰り広げられている。しかし、シーズンが終わってみればベスト11に名を連ねるのは上位陣の選手たちだ。チームの勝利に貢献したことを評価されているだけにこれは仕方のないことだが、なかなか調子の出なかったチームにもリーグ屈指の実力者がいることを忘れてはいけない。

英『GIVE ME SPORT』はそんな選手たちに注目し、現在トップ6圏内に入っていないチームに所属する選手のベスト11を作成。プレミアでも指折りの実力者が名を連ねることとなっている。

GK
ニック・ポープ(バーンリー)

DF
ダニー・ローズ(ニューカッスル)
ガリー・ケイヒル(クリスタル・パレス)
ジョン・イーガン(シェフィールド)
マックス・アーロンズ(ノリッジ)

MF
ドワイト・マクニール(バーンリー)
ジャック・グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)
エティエンヌ・キャプー(ワトフォード)

FW
ウィルフリード・ザハ(クリスタル・パレス)
ダニー・イングス(サウサンプトン)
ピエール・エメリク・オバメヤン(アーセナル)

今季サウサンプトンで好調のイングス photo/Getty Images

なかなかに渋い実力者たちが揃った。GKのニック・ポープはここまでリーグトップのクリーンシート数「11」を記録している頼れる守護神。オープンプレイ時からのチャンスクリエイト数「3」も欧州5大リーグトップとなっており、攻守で存在感は絶大だ。

最終ラインはダニー・ローズとガリー・ケイヒルのビッグクラブ経験者に加えて、ジョン・イーガンとマックス・アーロンズという昇格組の選手が加わる形に。少し前までトッテナムに在籍していたD・ローズとチェルシーで主将を務めたケイヒルの実力を知っている人は多いだろう。とはいえ、残りの2人も実力者。特にイーガンはここまで7位と快進撃を披露するシェフィールドを支えている。

MFはドワイト・マクニール、ジャック・グリーリッシュ、エティエンヌ・キャプーの3名。なかでも注目はやはりグリーリッシュだろう。チームの順位こそ19位と振わないがこの男のインパクトは強烈だった。類稀なるテクニックで中盤に違いもたらす彼には、複数のビッグクラブが関心を寄せているとも。現在はマークが厳しくなっているが、それでも彼はうまくファウルを貰い窮地を切り抜ける術を身につけている。

最後は前線だ。「現在負傷離脱中のプレイヤーは選外」とした同メディアがトッテナムのハリー・ケインやソン・フンミン抜きで選出したのは、ウィルフリード・ザハ、ダニー・イングス、ピエール・エメリク・オバメヤンの3名。ザハは常にビッグクラブから注目を浴びるお馴染みの選手であり、オバメヤンは自慢の快速を武器にアーセナルでエースとしての役割を全うしている。しかし、注目はイングスだ。移籍初年度となった昨季こそ思うような成績を残せなかったが、今季はここまで15ゴールの大爆発。サウサンプトンの攻撃陣を牽引する存在となっている。

強いチームの選手ばかりに注目が集まりがちだが、それ以外のクラブにもプレミアには多くの実力者がいる。たまにはこういった選手たちのプレイに注目してみるのも面白いかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ