“3人”の世界最高・右サイドバック候補 イングランドNo.1になるのは誰だ

マンUのアーロン・ワン・ビサカ photo/Getty Images

10年は安泰のポジション

今後数年間イングランド代表にとって安泰と言えるポジションの1つが、右サイドバックだ。

リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、マンチェスター・ユナイテッドのアーロン・ワン・ビサカ、チェルシーのリース・ジェイムズと若き実力者が揃う。この3人のいずれかが世界最高の右サイドバックと評価される日が来ても不思議はない。

では、誰がNo.1なのか。英『Squawka』が3人のスタッツを比較しているが、それぞれ特長が異なっているところが興味深い。

まずアーノルドは、アシスト能力が最大の武器だ。今季リーグ戦では1試合平均7.52本もクロスを放ち、2.65回のチャンスメイクを記録している。1試合平均のドリブル成功数は0.64回と多くないが、右足の精度は3人の中でNo.1と言っていいだろう。

対人戦の強さならばアーロン・ワン・ビサカが群を抜く。1試合平均インターセプト数は3人の中で最多の2.05回、1試合平均タックル成功数も3.82回でダントツだ。1試合平均チャンスメイク数は0.77回まで下がるものの、1試合平均デュエル勝利数6.76回が示すように1対1の強さは圧倒的だ。アーノルドとは全く異なるタイプの大型サイドバックと言える。

最後のジェイムズは、まだ発展途上にある選手だ。体の強さに加えてクロスも得意としている。今後成長していけば、2人と争う存在になるだろう。1試合平均チャンスメイク数は1.35回、1試合平均のドリブル成功数も3人の中ではトップとなる2.28回を記録している。

1試合平均タックル成功数も1.94回と高く、攻守両面で高いポテンシャルを備えたサイドバックだ。2、3年後にはA代表の主力候補となるだろう。

果たして3人のうち誰がイングランド代表の右サイドバック1番手となるのか。指揮官ガレス・サウスゲイトも悩むはずで、これほど豪華なタレントが同時期に揃うのは珍しいか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ