プレミアトップクラスの“攻守一体型WB” 昇格組にもいるリーグ屈指の実力者

今季プレミアで躍動しているスティーブンス photo/Getty Images

WBと思えぬテクニシャン

ビッグクラブに所属しているわけでも、将来有望な若手なわけでもない。しかし、確かな実力を持ったリーグ屈指のウイングバックがイングランド・プレミアリーグの昇格組にいる。今季ここまで7位と快進撃を披露しているシェフィールド・ユナイテッドのアイルランド代表DFエンダ・スティーブンスだ。

シェフィールドの選手といえば、よく話題となるのはGKディーン・ヘンダーソンやDFジョン・イーガンといったところか。彼らは先日、アラン・シアラー氏が選ぶ「プレミアベスト11」にも選ばれている。しかし、左サイドで出色のパフォーマンスを披露し続けているスティーブンスも忘れてはいけない存在だ。

現在29歳のスティーブンス。サッカー選手としては決して若くないが、同選手は今季プレミアで最高の左WBと言っても過言ではないほどの存在感を放っている。類稀なるボールテクニックを備えており、相手DFを嘲笑うかのような股抜きは彼の代名詞。今季はチェルシーのDFセサル・アスピリクエタもその餌食となった。時折披露するルーレットもハイレベルで、とてもWBの選手とは思えない。自陣でもトリッキーなプレイを見せるところは少々ヒヤヒヤするが、突破力に関してはリーグ随一と言っていい。

そんなスティーブンスの能力を英『90MiN』も高く買っている様子。同メディアはその攻撃力だけでなく、彼の守備面での貢献も高く評価し「プレミア最高の左WBの一人」と称賛している。

「シェフィールドファン以外の人々も、スティーブンスがプレミアで最高の左WBの一人ということを認め始めている。今季の彼は印象的だ。2ゴール2アシストを記録し、ビッグチャンス創出数も8回を誇っている。攻撃面での貢献は絶大だ。しかし、彼は守備面でも優れたパフォーマンスを披露しており、タックル成功率は60%を記録している。これは今季のプレミアDFで上位10名に入る数値。スティーブンスは守備においても欠かせない。トップWBとして必要なレベルに達していると言える。この男は過小評価されている」

プレイするクラブや年齢のせいで見逃しがちだが、実力はリーグトップクラスのスティーブンス。次回シェフィールドの試合を見る際は、左サイドで躍動するこの29歳にも注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ