ユーヴェDFが新型コロナに感染 本人がウイルスに怯えるファンに呼びかけ

新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たルガーニ photo/Getty Images

セリエAで初の感染者

ユヴェントスは11日、同クラブに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニが新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたことを発表した。

世界中で猛威を振るい、特にイタリアで感染者が急増している新型コロナウイルス。その数は1万2000人を超えており、死者数も800人以上となっている。こういった状況もあり、イタリアでは4月上旬までスポーツイベントなどが禁止され、セリエAも中断を余儀なくされていた。

すでにセリエCなどでは新型コロナウイルスの感染者が出ていることが確認されていたが、ついにイタリア最上位リーグであるセリエAの選手にも感染者が出てしまった。ユヴェントスはクラブの公式サイトを通じて「緊急のお知らせ」として、ルガーニの診断結果を公表するとともに「接触のあった者を含めて、法的に必要とされる隔離の手続きを開始した」と明かしている。

また、ルガーニ本人も同日に自身のTwitterやInstagramを更新。ファンへ「みんなニュースを見ただろう。僕のことを心配してくれているみんなを安心させたい。僕は大丈夫だ。ただこういった状況になり、病院でこの緊急事態直面し、苦労している医師や看護師へ感謝しなければならないと、改めて強く感じているよ。このウイルスには特異性はないので、みんなにはルールを尊重することを勧める。僕自身のためにも、僕の愛する人のためにも、僕の周囲の人のためにもそうしていこう」とメッセージを送っていた。

今季ここまで公式戦7試合の出場にとどまっている現在25歳のルガーニだが、常に招集メンバーには選ばれており、8日に行われたインテルとのイタリアダービーでもベンチ入りを果たしていた。17日に控えているリヨンとのチャンピオンズリーグ・ラウンド16にも、大きな影響を与えるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ