天才ファンタジスタはいつ目覚める “12分だけ”の輝きに留まるレフティー

バジャドリードに加わったベン・アルファ(写真はレンヌ時代) photo/Getty Images

復活に期待がかかるが……

今年1月、フリーの状態が続いていたファンタジスタがスペインの地へやってきた。

昨年6月にフランスのレンヌを退団し、半年後の今年1月にバジャドリードに加わった32歳のフランス人MFハテム・ベン・アルファだ。

ベン・アルファといえば10代の頃より天才肌の選手と評価されてきた逸材で、その才能はとてつもないレベルにあった。その才能をスペインの地で証明することが期待されていたのだが、加入から約1カ月。天才ファンタジスタはまだ12分間しかプレイしていない。

仏『RMC Sport』もベン・アルファの現状を気にしているが、ベン・アルファが出場したのは2月8日のビジャレアル戦のみだ。そこで12分間プレイしたあと、3試合続けてベンチから外れている。

もっともこの12分間はベン・アルファの才能を再確認するものになったと評価されており、32歳になった今もサッカーセンスは枯れていない。ただ、昨年6月からフリーの状態が続いたこともあってフィジカルコンディションが完全には整っていないようだ。

とはいえ、バジャドリードとしては急いでほしいところだろう。チームはリーガ・エスパニョーラで現在15位と苦戦しており、まだ残留へ安心できる状況ではない。しかもチーム得点数22はリーグワースト2位の少なさで、ベン・アルファにはそこの改善が期待されていたのだ。

バジャドリードのオーナーを務めるのは、元祖怪物FWとして知られる元ブラジル代表のロナウド氏だ。ロナウド氏もベン・アルファが戦力となることを期待していたはずだが、天才ファンタジスタはいつ目覚めるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ