「半年で人生は大きく変わる」AZへの完全移籍を勝ち取ったDF菅原由勢

AZへの完全移籍が決まった菅原 photo/Getty Images

サッカーの可能性は無限大

名古屋グランパスは23日、エールディビジのAZアルクマールへ期限付き中のDF菅原由勢が、期限付き移籍期間が終了する7月1日より同クラブへ完全移籍することが決まったと発表した。

現座19歳の菅原は名古屋の下部組織出身で、2018年にトップチームへ昇格。2018シーズンは公式戦19試合、2019シーズンは5試合に出場しており、名古屋の将来を担う逸材として期待されたが、昨年6月に海外挑戦することを決断し、AZへ加入した。新天地のオランダでは、今季ここまでリーグ戦15試合に出場して2ゴール1アシストを記録。こういった活躍もあってか、AZへの完全移籍を見事勝ち取った。

そんな菅原はクラブの公式サイトを通じて、チームメイトやスタッフ、関係者、サポーターに感謝の意などを述べつつ「これからはアカデミー出身の選手として現在アカデミーに在籍している選手やこれからグランパスアカデミーに入る選手たちの手本になり、アカデミー出身選手としての責務をこれからも果たし続けなければいけませんし、それが僕の大きな目標でもありモチベーションです」と明かしていた。

さらに自身のTwitterも更新すると、改めて「この度、名古屋グランパスからオランダのAZアルクマールへ完全移籍する事になりました」と報告するとともに「ピンチからチャンスを作り、掴み取る事。たった半年で人生が大きく変わる。サッカーの可能性は無限大だと教わりました。全ての方への感謝を忘れずにこれからも闘います!」と今後の飛躍を誓っている。

これに対してサポーターたちも「成功を願っています」や「頑張れ由勢!」、「名古屋の希望。世界で輝いて、きっとまた名古屋でプレイしてくれる日を楽しみにしています」といったエールを送っていた。欧州で戦うこの若きサムライの今後の活躍に注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ