新たな“C・ロナウド2世”にファンタジスタも 今冬の注目すべき4つの移籍

バルサへ加わるトリンカオ photo/Getty Images

ハーランドやブルーノ・フェルナンデス以外にも注目すべき移籍が

ドルトムントで華々しいデビューを飾ったFWアーリング・ハーランド、マンチェスター・ユナイテッドがスポルティング・リスボンから獲得したMFブルーノ・フェルナンデスらは、今冬の移籍市場でも大きな話題を呼ぶ取引だった。

しかし、注目すべき移籍は他にもある。英『TalkSport』は「見逃しているかもしれない今冬の補強」をまとめており、ここで軽く今冬の動きをおさらいしておくのもいいだろう。

1.フランシスコ・トリンカオ(ブラガ→バルセロナ)



合流するのは来季からだが、バルセロナはポルトガルのブラガから20歳のアタッカーを獲得した。ポルトガルの世代別代表でもプレイしてきた逸材で、主に右サイドからの仕掛けを得意としているレフティーの選手だ。

同メディアはNewクリスティアーノ・ロナウドと呼ばれていると紹介しており、また1人ポルトガルからクリスティアーノ・ロナウドの後継者候補が出てきたことになる。

2.リュカ・トゥザール(リヨン→ヘルタ・ベルリン)



ヘルタといえば先日ミランからFWクシシュトフ・ピョンテクを獲得したことが話題となったが、守備的MFトゥザールのことも忘れてはならない。22歳と若い選手だが、リヨンでは150試合以上に出場している経験豊富なMFだ。こちらもヘルタへの合流は来季からとなるが、フィットすればヘルタにとって大きなプラスとなる。

3.ブルーノ・ギマランイス(アトレティコ・パラナエンセ→リヨン)



今季限りでのトゥザールの退団が決まったリヨンだが、その代わりにブラジルから22歳のギマランイスを引き抜いている。ギマランイスにはアーセナルも関心を示していたと言われており、U-23ブラジル代表でのプレイ経験もある。初の欧州挑戦でどんなパフォーマンスを見せてくれるのかに期待が集まる。

4.ハテム・ベン・アルファ(バリャドリード)



マルセイユやニューカッスル、レンヌなどで活躍してきたベン・アルファは、フランスが生んだ天才プレイヤーの1人だ。10代の頃より評価は抜群だったのだが、ファンタジスタ気質が強すぎるのかチームにフィットしないケースが多かった。昨夏にレンヌを退団してからはフリーの状態が続いていたが、初のスペイン挑戦が実現することになった。


来季から合流するケースもあるが、彼らも注目の移籍と評価されている。復活を誓う者から初の欧州五大リーグ挑戦へ踏み出す若手まで様々だが、この4つの移籍も記憶しておいて損はない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ