日韓W杯優勝戦士“最後の一人”が現役引退 長くカナリア軍団支えた名DF

ブラジル代表では主将も務めたルシオ photo/Getty Images

インテルの三冠達成にも貢献

2002年に開催された日韓ワールドカップ優勝戦士最後の1人がピッチを去ることとなった。かつては欧州ビッグクラブでも活躍した元ブラジル代表DFルシオが現役引退を表明した。

現在41歳のルシオは1998年にインテルナシオナルでプロデビュー後、2000年1月のレヴァークーゼン移籍で欧州に初挑戦。2004年夏に加入したバイエルン・ミュンヘンでは4度のブンデスリーガ制覇を経験した。ドイツで評価を高めたのちは2009年夏からインテルでプレイ。主力選手として2009-10シーズンの三冠(セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ)達成に多大な貢献を果たした。その後はユヴェントスを経て、2013年1月のサンパウロ加入を機に母国復帰。一時はインドでプレイする時期もあったが、ブラジル国内を中心にプレイを続け、2019年10月にブラジリエンセFCを退団して以降、フリーの状態が続いていた。

ブラジル代表では通算95試合に出場。2002年の日韓W杯では全試合にフル出場し優勝に寄与した。長きにわたってカナリア軍団の守備を支えた紛れもないレジェンドだ。そんなルシオがピッチを離れる決断を下した。ブラジル『Globe Esporte』に対して、同選手は次のように語っている。

「今日は僕にとって特別な日だ。今日をもって、僕はプロサッカー選手としてのキャリアを終えるのさ。(過ごした選手人生に)大きな誇りを持っているし、これまで支えてくれた人にはとても感謝しているよ」

今後は家族との時間を大切にしつつ、また違う形でサッカーに関わっていくという。日韓W杯優勝メンバーの中で唯一の現役選手だったルシオだが、これで最強のカナリア軍団で活躍した選手全員がピッチを離れることとなった。22年間にも及ぶ選手生活に終止符を打ったブラジルのレジェンド。彼のプレイを多くのサッカーファンが忘れることはないだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ