“レヴァンドフスキ2世”の証明を ミランの9番にスパーズファンからも苦言が

ミランのピョンテク photo/Getty Images

獲得噂されたスパーズファンの中にも敬遠する人たちが

サッカー界での評価は変化が早い。昨季ブレイクを果たした選手でも、今季開幕からの数ヶ月で酷評されてしまうケースだってある。

昨季ジェノアでゴールを量産し、今季からミランの9番を背負うことになったFWクシシュトフ・ピョンテクもそうだ。昨季は同じポーランド人FWであることからロベルト・レヴァンドフスキ2世と呼ばれることも多かったが、結果を残せていない今季は批判を浴び続けている。

ミランではズラタン・イブラヒモビッチが復帰した段階からピョンテクの売却説が浮上。ハリー・ケインが負傷離脱したトッテナムが獲得に動くとの話も出ていたのだが、どうやらトッテナムのサポーターまでピョンテクのことを敬遠し始めているという。

英『HITC』によると、28日に行われたコッパ・イタリア準々決勝・トリノ戦でのピョンテクのパフォーマンスを見たミランサポーター、さらにはトッテナムサポーターからもピョンテクを批判する意見が出ている。現在はドイツのヘルタ・ベルリンが獲得へ動いているようだが、今のピョンテクを欲しがるクラブは多くないのかもしれない。

「ピョンテクを今すぐ売却すべきだ」

「トリノ戦でのピョンテクは酷かった。ミラン加入以降のワーストゲームだと思う」

「ピョンテクの獲得はやめてくれ」

クラブを変えれば結果が好転する可能性も考えられるが、ピョンテクはミランを離れることで得点ペースを取り戻せるのか。2020年はジェノア時代のゴールラッシュが偶然ではなかったことを証明する1年とする必要がありそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ