ハーランドのドイツ行きは“準備期間”か マンU行きは実現しなかったが……

ドルトムントで衝撃的なデビューを果たしたハーランド photo/Getty Images

代理人はプレミア挑戦を否定せず

わずか20分の間にハットトリック。衝撃的なブンデスリーガ・デビューを果たしたドルトムントのアーリング・ハーランド。マンチェスター・ユナイテッドからの興味が盛んに報じられていたが、結局彼が選んだのはドルトムントだった。

しかし彼がブンデス行きを決めたのは、プレミア挑戦への準備期間なのかもしれない。「ある日プレミアでプレイすることになるかもしれない」と語るのは、エージェントであるミーノ・ライオラ氏だ。英『Daily Mirror』が伝えている。

「ドイツへ行くのは正しい動きだったと思う。プレミアリーグをピラミッドのもっとも高い部分だとみなすなら、そこに行くときは注意しなければ。彼は最高の準備をしているし、行くための時間はあるよ」

世界最高峰と言われるプレミアリーグは、同時に世界一過酷なリーグとしても知られている。休みは少なく、下位チームは獰猛で、サポーターは手厳しい。過去に数多くの若手が鳴り物入りでプレミア挑戦を果たしたが、成功したのはほんの一握りだ。

噂に挙がっていたマンチェスター・ユナイテッドもここ数年は低迷する難しい時期にあり、まずは言語も含めてオーストリアとプレイ環境が近いドイツへ、というのは賢い選択に思える。ちなみにライオラ氏はマンU、そしてユヴェントスからの興味について「彼は多くのクラブへの移籍に近づいた。でも教えないよ」と口を閉ざした。

同氏は「彼は得点するために生まれた少年だ。彼が今後もうまくやれることはわかっている」と自信満々。1〜2年後には、プレミアで暴れまわるストライカーの姿が見られるのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ