レヴァンドフスキ以来の“黄色の巨人” ロイスが期待する大型FWの再来

ドルトムントに加わるハーランド photo/Getty Images

チームにはなかったオプション

2010年に入ってからバイエルンとブンデスリーガの頂点を争い続けてきたドルトムントにとって、大きな課題の1つがFWロベルト・レヴァンドフスキの後継者となる選手を見つけることだった。

レヴァンドフスキは2010-11、2011-12シーズンとドルトムントのブンデスリーガ連覇に貢献し、2014年にバイエルンへ移籍。ドルトムントではそれからもFWピエール・エメリク・オバメヤン、現在ならばパコ・アルカセルと優れたストライカーが奮闘してきたが、レヴァンドフスキのようなパワーと得点力を備えた大型ストライカーはなかなか獲得できなかった。

しかし、ついに楽しみな大型ストライカーを手に入れた。ザルツブルクから獲得した19歳のFWアーリング・ブラウト・ハーランドだ。ハーランドはまだ完成した選手ではないが、194cmのサイズとザルツブルクで披露してきた得点力は魅力たっぷりだ。

独『Sky Deutschland』によれば、ドルトムントの攻撃を引っ張るFWマルコ・ロイスもハーランドに大きな期待をかけている。レヴァンドフスキ以来の大型ストライカーと考えているようで、オプションが増えると歓迎しているのだ。

「レヴィ以降、僕たちはこのようなタイプのプレイヤーを抱えてこなかったように思う。彼は僕たちに柔軟性を与えるし、違う形で得点できる。今彼はチームみんなのことを理解しないといけない。僕たちもだ。僕たちは彼の強みを活かさないといけないけど、それは時間とともにできるだろう。僕や他の選手にとってハーランドは新たなオプションになる。ロングボールなどね。フットボールでは柔軟性が重要なんだ。僕たちは今非常に優れたストライカーを抱えることになり、新たなオプションもできる。良い状況だよ」

チームにフィットするまでには多少の時間を要するだろうが、ハーランドはNewレヴァンドフスキとなるのか。上手いイメージが強かったドルトムントの攻撃陣にハイタワーが加わることになる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ