原口元気がまさかの“1位”に!? 2010年代ブンデス衝撃ミスTOP10が面白い[映像アリ]

ハノーファーの原口 photo/Getty Images

原口のアンラッキーなプレイも

サッカー界ではベストゴールだけでなく、とんでもない凡ミスだって注目されるものだ。プロがまさかこんなミスをするのかと、思わず笑ってしまう珍プレイもある。

ブンデスリーガ公式は「2010年代のミスTOP10」なる残酷なランキングを作成しているのだが、この10年の間にもいくつかとんでもないミスが起きている。

その中にはドルトムントでプレイしていたFWピエール・エメリク・オバメヤン、バイエルンでプレイしていたMFハメス・ロドリゲスも入っており、ワールドクラスとされる選手たちも驚きのミスを犯している。

ランキングが進んでいくごとに驚きも増していくが、2位に入っている元ドルトムントMFヤクブ・ブワシュチコフスキのミスも衝撃的だ。ゴールには誰もいなかったのだが、ボールはまさかのゴールの上へ。サッカー経験者でなくとも決められるような状況だっただけに、衝撃は大きいか。

そして1位だ。何とハノーファーでプレイする日本代表MF原口元気のプレイが選ばれているのだ。ミスと呼ぶには少し可哀想に思えるが、雪の中で行われたゲームで原口の放ったシュートはゴールの手前でピタリと止まってしまった。ミスとは呼びにくいが、2010年代の記憶に残る珍プレイの1つと言えそうだ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ