ジェラードが明かす“衝撃の過去話” 「エヴァートンのファンになってたかも」

長きにわたってリヴァプールを牽引したジェラード photo/Getty Images

33年前の一戦を振り返る

1998年にデビューを飾って以降、長きにわたってリヴァプールを牽引したスティーブン・ジェラード。ドリブル、パス、シュート、守備、統率力とあらゆる能力が備わったこのMFのプレイにアンフィールドへ詰め掛けたファンは酔いしれた。リヴァプールを離れて4年が経過した今でもファンは彼のことを愛してやまない。しかし、そんなレジェンドが衝撃の過去話を明かしている。

それは少年時代、一歩間違えればマージサイドの宿敵を応援していたかもしれないというものだ。英『BT Sports』のインタビューに登場したジェラード氏は、これについて次のように語っている。

「私がレッズのファンになったのは、1986年に行われたリヴァプールとエヴァートンのFAカップ決勝からだよ。あの時はたしか、エヴァートンが先制点を挙げたんだ。あのまま試合が終わっていたら、私はエヴァートンのファンになっていたかもしれない。でも、最終的には3-1と逆転してリヴァプールが勝った。その瞬間から私の心は赤に染まったんだよ」

もしこの試合でエヴァートンが勝利していれば、ジェラード氏がリヴァプールの門を叩くことはなかったかもしれない。1986年のFAカップ優勝は、タイトルの他にもクラブにとって大切なものをもたらしたようだ。毎試合熱く盛り上がる“マージーサイドダービー”。宿命のライバル対決に負けられない理由は、こういった面にもある。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ