FC東京が挑む“超攻撃ミッション” 難易度高いチャレンジに世界も注目

6月にはマリノス相手に4点奪ったFC東京 photo/Getty Images

運命の最終節が迫る

今年のJリーグ最終節は特別だ。最終節で首位横浜F・マリノスと2位FC東京が激突することになっており、いつもとは違う緊張感が漂う。

現時点ではマリノスが勝ち点67で首位、FC東京は勝ち点64の2位で、ひとまずマリノスは負けなければ優勝だ。FC東京は勝利が最低条件となり、しかも得失点差をひっくり返すために4点差以上をつけて勝利しなければならない。

状況的にはマリノスが圧倒的に有利で、この状況に『SportKeeda』もFC東京がインポッシブルにチャレンジすると取り上げている。FC東京が優勝を果たすための条件は厳しく、とにかく攻め続けるしかない。

しかも今回はFWディエゴ・オリヴェイラが負傷で欠場濃厚とされており、余計に厳しい。直近3試合で1点ずつしか奪えていないFC東京にとっては大きな痛手だ。

同メディアはFC東京が今年6月のマリノス戦で4得点を奪って勝利していることを強調しているが、今回は状況が異なる。前回は結果的に4点を奪ったが、今回は最初から4点差以上を狙っていかなければならない。

「東京はイレギュラーな形で全面攻撃を仕掛けるはずで、後方はオープンとなる。得点を与えてしまうとマリノスとの得失点差は広がり、ここ最近ゴールを奪うことに苦労している東京にとっては遠すぎる目標となる」

同メディアは今回のゲームをこのように捉えており、FC東京が攻撃に出るのは間違いない。しかし不用意にボールをロストすると、マリノス自慢の攻撃陣に走られることになる。バランスを維持するのは難しいだろう。

FC東京は奇跡を起こすしかないが、最終節で予期せぬドラマは起こるのか。FC東京は何かが起こると信じて攻めるのみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ