7000万ユーロのMFが未だ3ゴール…… 1年経ってもホームで“無得点”だった

アトレティコのレマル photo/Getty Images

61試合出場してもなかなかフィットせず

今夏に1億2600万ユーロもの移籍金でアトレティコ・マドリードに加入したFWジョアン・フェリックスは、移籍金に見合う働きを見せてくれるのか。これは今季のアトレティコ注目ポイントの1つとなっている。

ただ、アトレティコが抱えるもう1人の高額移籍金プレイヤーを忘れていないだろうか。フェリックスほど高額というわけではないが、昨夏に7000万ユーロもの移籍金でモナコからやってきたフランス代表MFトマ・レマルである。

当然7000万ユーロもの移籍金となれば、期待は大きくなるものだ。しかし、レマルはここまでアトレティコで61試合に出場して3得点6アシストの記録に留まっている。これは明らかに物足りない数字だ。

スペイン『MARCA』もレマルを特集しているが、何より残念なのはリーグ戦で未だホームスタジアムでの得点がないことだ。加入からリーグ戦では2得点を挙げているが、いずれもアウェイゲームでのものとなっている。

指揮官ディエゴ・シメオネもレマルをフィットさせようと奮闘はしているはずだが、なかなか結果がついてこない。ホームでサポーターを沸かせたいところだが、レマルは今季のうちにブレイクのきっかけを掴めるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ