堂安律のボスはクリスマスまで続かないのか 名門・PSVが3位という事実

PSVの堂安 photo/Getty Images

サポーター半数以上がクリスマス前の解任を予想

今夏に日本代表MF堂安律が加入したPSVがピンチを迎えている。リーグ戦では10月6日のVVVフェンロ戦から白星がなく、ユトレヒトに0-3、AZに0-4で敗れるなど不甲斐ない展開が続く。

ヨーロッパリーグでもオーストリアのLASKリンツに1-4で敗れており、負けるにしても結果が悪すぎる。堂安も指揮官マルク・ファン・ボメルから先発を任されてはいるものの、目立ったは結果は出ていない。リーグ戦では9月29日のPECズヴォレ戦で得点を決めたのが最後となっており、大満足と言える結果ではない。

ここ最近は堂安、FWブルーマ、DFティモ・バウムガルトルなど今夏の新戦力たちを批判する意見も挙がっている。得点は少なく、失点は多い。PSVが昨季からパワーダウンしてしまったと感じているサポーターも多いだろう。

この状況が続けば、当然ファン・ボメルの立場は苦しくなってくる。オランダ『Soccernews』のアンケートでは、「ファン・ボメルがクリスマスまで持ち堪えられるか?」の問いにYesと答えたサポーターは僅か34%となっている。残りの66%はクリスマスまでにファン・ボメルが解任されると考えているようだ。

ファン・ボメルにも言い分はあるだろう。現在はオランダ代表FWステーフェン・ベルフワイン、20歳の強力FWドニエル・マレンを負傷で欠いており、これが結果に影響しているのは間違いない。ただ、アヤックスと並ぶエールディヴィジの超名門クラブ・PSVにそのような言い訳は通用しない。

堂安としてはベルフワイン、マレン不在の中で主役になるチャンスでもあるのだが、結果を残すことに失敗してしまった。代表マッチウィーク明けからは、チームを勝利へ導く決定的な働きが求められる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ