ゾラ、デサイー以上の“将軍”がいた ランパード監督大成功を確信する人物とは

チェルシーを指揮するランパード photo/Getty Images

ゲームの流れを読む人格者

FIFAからの補強禁止処分を受けたチェルシーは、満足にチームを強化できない苦しい夏を過ごした。当然リーグ戦の順位にも悪影響を与えると考えられていたのだが、今季からチームを指揮するフランク・ランパードは若手選手の能力を引き出しながら着実に勝ち点を積み重ねている。指揮官ランパードの評価はこの序盤戦で大きく上昇したはずだ。

ただ、もっと早い段階からランパードが指揮官として成功すると確信していた人物もいる。過去にチェルシーでもプレイしたボウデヴィン・ゼンデンだ。ゼンデンがランパードの成功を確信していたのは、戦略面だけではない。ランパードの人間性の部分だ。

英『Daily Mirror』によると、ゼンデンはランパードが常に大切なものは何かを考えられる人物だったと語っており、選手時代から指揮官として成功する要素を兼ね備えていたのだ。

「選手キャリア終了の時、彼のトロフィールームはいっぱいだった。3度のリーグタイトル、4度のFA杯、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグもね。フランクは常に勝利に取り憑かれていた。個人としても、チームとしてもだ。彼は負けることをひどく嫌っていた。試合中に上手くいっていない時、フランクは人が変わる。だけど試合が終わったら、彼はすぐに紳士となって握手を交わす。フランクは常に視野が広く、人生で最も重要なものを理解している。フットボールは彼にとって重要なものだが、いつ他のことに重点を置くかも理解している。これは指揮官にとって非常に重要なクオリティだ」

「当時のチェルシーにはマルセル・デサイー、ジャンフランコ・ゾラ、エマニュエル・プティらビッグネームがいた。だが、私はすぐに気づいたよ。フランクが誰よりもゲームを読めることにね。ピッチ上で私は彼のことを将軍と呼んでいたんだ。彼は真の戦略家だったからね」

選手をまとめるリーダーシップ、試合の流れを読む戦術眼など、ランパードは指揮官としても成功を収められる人格者なのだろう。チームも4位とまずまずの滑り出しを見せており、このペースならば第一目標のトップ4入りを果たせるはずだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ