C・ロナウドのFKが決まらない ユーヴェで外した全てが1つの動画に[映像アリ]

ユヴェントスのロナウド photo/Getty Images

壁にぶつけるケース多く

ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの決定力に文句をつけることはできないが、サポーターが抱いている数少ない不満の1つがフリーキックだ。

ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド時代からフリーキックを絶対の武器としてきたが、その精度は年々落ちている。上手くインパクトできれば強烈なボールとなるのだが、ゴールを大きく外したり壁にぶつけてしまうケースが目立つ。

ユヴェントスに加わってからもキッカーを務め続けているのだが、これが全く入らない。ユヴェントスでは28本フリーキックを蹴り、決まった数はゼロだ。ユヴェントスにはミラレム・ピャニッチ、パウロ・ディバラと優れたキッカーが揃っているだけに、サポーターも彼らに譲ってほしいと考えているのではないだろうか。

英『FourFourTwo』もフリーキックを蹴り続けるロナウドに注目しており、何とユヴェントスで外した全てのフリーキックを1つの動画にまとめてしまっている。中には枠を捉えた惜しいシュートもあるのだが、やはり壁にぶつけるケースが多すぎる。

SNS上では、「なぜピャニッチ、あるいはディバラが蹴らないんだ?」、「ピャニッチはこれを見るべき」、「メッシの方が100倍優れている」など厳しい意見が出ている。

ペナルティエリアでの勝負強さなど、今もロナウドの決定力は衰えていない。しかしフリーキックの精度だけは数年前から間違いなく落ちてきており、指揮官マウリツィオ・サッリもキッカーを見直すべき時にあるのかもしれない。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ