“BBH”アザールが必死の守備 あのカゼミロに並ぶ数字が示す勝利への思い

レアルのアザール photo/Getty Images

泥臭くセビージャ相手に勝利

右にガレス・ベイル、左にエデン・アザール、中央にカリム・ベンゼマを配置するレアル・マドリードの新生3トップは「BBH」と呼ばれており、3人ともワールドクラスの実力者だ。クリスティアーノ・ロナウドがいたBBCの破壊力には及ばないかもしれないが、サポーターも新たなる豪華攻撃ユニットに期待をかけていることだろう。

ただ、22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節セビージャ戦は想像していたものとは違っていた。このゲームはアザールにとってリーグ戦初のスタメン入りだったのだが、見せたのは華麗さではない。勝利のみを追求した泥臭さだ。

フレン・ロペテギ率いるセビージャは攻撃陣も強力で、レアルのBBHはそれを抑えるため守備に走ったのだ。守備時に全員が自陣まで下がるシーンもあり、スター揃いのレアルが泥臭く勝利をもぎ取ろうとしていた。スペイン『MARCA』によると、アザールは守備的MFカゼミロと並んでチーム最多のボール奪取数を記録したという。ポジションも役割も全く異なる2人だが、アザールも超攻撃的右サイドバックのヘスス・ナバスを軸とした攻撃を抑えるべく必死に走っていた。

センターバックとして守備を統率するセルヒオ・ラモスもアザールとベイルの守備負担を称賛していたが、今のレアルに求められていたのはチーム全員のハードワークだ。アザールもそれを理解し、守備面でもチームに貢献する必要があると考えていたのだろう。

アウェイでのセビージャ戦は一筋縄ではいかないが、レアルはベンゼマのゴールを守り切って1-0の勝利を収めた。華麗なパフォーマンスではなかったが、スタープレイヤーたちが必死になったレアルは強かった。このパフォーマンスを継続することができれば、徐々に華麗なアタックも見られるようになるだろう。全員で掴んだセビージャ戦での勝ち点3が持つ意味は大きい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ