オレ様・イブラ劇場は終わる気配なし 30歳から“240ゴール”の脅威

LAギャラクシーのイブラヒモビッチ photo/Getty Images

37歳でも得点量産

いくら主戦場がアメリカに移ったとはいえ、37歳になってもゴールを量産しているロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチは称賛されるべきだろう。

イブラヒモビッチは今季MLSで27得点を記録しており、ロサンゼルスFCでプレイするFWカルロス・ベラ(29得点)に次いで得点ランク2位につけている。オレ様発言も相変わらずで、イブラヒモビッチはMLSでNo.1のスーパースターと言ってもいいだろう。

米『ESPN』もイブラヒモビッチを称えているが、驚きなのは30歳を超えてからの数字だ。イブラヒモビッチは30歳を超えてから283試合をこなし、実に240ものゴールを決めているというのだ。確かにイブラヒモビッチは7年前にパリ・サンジェルマンに移籍しており、30歳になってからはフランスとアメリカで得点を量産してきた部分はある。この数字を素直に評価できない人もいるかもしれないが、それでも283戦240ゴールの数字は見事だろう。

マンチェスター・ユナイテッドでも2016-17シーズンには計28得点を記録しており、ヨーロッパリーグ制覇にも貢献した。30歳を超えてからもイブラヒモビッチのパフォーマンスは圧巻だ。2010年にミランへ加わってからシーズンで20得点以下に終わったのは怪我の影響もあった2017-18シーズンだけだ。

今も衰える気配は見えないが、イブラヒモビッチ劇場はどこまで続くのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ