このままいけばいずれレジェンドに? マンUの21歳が描く成長曲線

今夏マンUに加入したワン・ビサカ photo/Getty Images

「徐々にステップアップしている」

今夏、マンチェスター・ユナイテッドはレスターからDF史上最高額となる移籍金でハリー・マグワイアを獲得したが、もう一人注目すべき有能DFを獲得している。クリスタル・パレスから引き抜いたアーロン・ワン・ビサカだ。

類稀なる守備力を備え、すぐさま名門クラブで右サイドバックの定位置を獲得したワン・ビサカ。「背中の問題」でデビューはお預けとなったものの、先日はイングランド代表に初選出もされ、同国の未来を担う存在として期待されている。

そんなワン・ビサカは、はたしてこれからどこまで成長していくのか。かつてイングランド代表で活躍したウェス・ブラウン氏が彼の伸びしろについて言及している。

「ワン・ビサカは今季すべての試合に出場している。素晴らしい身体能力を備えているし、タックルは見事だ。クリスタル・パレスからやって来た時、一部の人は彼がマンUにふさわしい選手なのか疑問に思ったことだろう。でも彼は最初の試合から徐々にステップアップしているように見えるね。やりたいポジションで、プレイを楽しんでいるよ。これを継続できれば、彼はいずれそのポジションにおけるレジェンドの1人となることができるだろう」

「たとえ優秀なアタッカーでもワン・ビサカを前にして引き返し、後方にパスを出すことがある。彼の相手をしたくないんだ。一部の人は滑り込みすぎだと言うけれど、私は彼が十分に時間をかけてタックルを仕掛けていると思うね。これはチームにとって利点だ」

ブラウン氏がこのように語ったことを英『Daily Mirror』が伝えている。同氏はこの守備職人をいずれ他のレジェンドと肩を並べることができるほどの逸材だと認識しているようだ。

データサイト『WhoScored』によると、ワン・ビサカが今季ここまでで記録している1試合平均タックル数はリーグ最多の6.5回。すでに彼はプレミアにおいて、リーグ屈指の潰し屋として認知され始めていることだろう。マンUで躍動する21歳の今後の活躍に注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ