「マッチアップはまるで戦争」 元レアルFWが明かす“最も苦手”だったDF

かつてレアルでプレイしたソルダード photo/Getty Images

「最も厳しい戦いを繰り広げた人物」

どれだけ優秀なアタッカーでも、できれば対戦したくないと感じるDFが一人はいることだろう。一度嫌なイメージがついてしまえば、それを完全に払拭するのは難しい。かつてレアル・マドリードなどでプレイしたFWにもそういった相手がいたようだ。

そう話すのは現在グラナダに所属しているロベルト・ソルダード。同選手は自身の苦手とするDFがバルセロナにいたと明かしている。

「(カルレス・)プジョルは私を最も苦しめたDFだと思う。彼とのマッチアップはまるで戦争のようだったね。彼は私がこれまで対戦した選手の中でも一番アグレッシブなDFだった。一番文句を言ってきた選手でもあるよ。でも、プジョルとは素晴らしいライバル関係にあった。おそらく、彼は私と最も厳しい戦いを繰り広げた人物だね」

ソルダードがこのように語ったことを英『Daily Mirror』が伝えている。バルセロナが誇る“闘将”の攻略にソルダードは手を焼いていたという。アタッカーがボールを持つや否や即座にそれを潰しにかかるプジョルのスタイル。ソルダードだけでなく、多くのFWが彼への対応に苦慮したことだろう。

常に冷静でエレガントなサッカーを見せるバルセロナにおいて、異質とも言える“アツさ”を持っていたプジョル。引退した今でもなお、彼の闘争心は語り継がれている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ