武藤嘉紀、1点ビハインドの開幕戦で出番なし 指揮官の評価は

プレミアリーグ開幕戦で出番なしに終わった武藤。今後も新監督へのアピールを継続したいところだ photo/Getty Images

チャンスを活かせるか

昨季よりイングランドのニューカッスルでプレイしているFW武藤嘉紀。現地時間11日のプレミアリーグ第1節(アーセナル戦)でベンチ入りを果たしたものの、1点ビハインドとなった後半13分以降も出番は与えられず。チームも0-1で敗れた。

今季よりニューカッスルを率いているスティーブ・ブルース監督は同試合終了後、リードされていた試合終盤に3枚目の交代カードを切らず、且つ武藤に出番を与えなかった理由を説明。攻守のバランスを考慮して闇雲にアタッカーを増やさなかったことや、依然として同選手を高く評価していることを強調した。英『TRIBAL FOOTBALL』が伝えている。

「既にピッチ上には3人のストライカー(ジョエリントン、アルミロン、サン・マクシマン)がいた。バランスをとりたかったんだよ。私がこのクラブに赴いてからというもの、武藤は非常によくやっている。私は今日彼を起用しなかったが、私の構想の中には入っているよ」

日本時間7月20日に行われたプレミアリーグ・アジアトロフィー(ウェストハム戦)で決勝ゴールを挙げるなど、プレシーズンでは好調ぶりをアピールしていた武藤。今夏にニューカッスルに加わったジョエリントンとアンディ・キャロルとの熾烈なレギュラー争いが予想されるが、今後巡ってくるであろうチャンスをものにできるか。


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ