アルティメット・カウンター! ファーガソン政権思い出す速いマンUに絶賛の声

チェルシー粉砕したマンU photo/Getty Images

チェルシーを沈めるスピード

11日に行われたプレミアリーグ開幕節でチェルシーを4-0のスコアで撃破したマンチェスター・ユナイテッドは、とにかく速かった。ボールを奪うと素早く縦へ展開し、マーカス・ラッシュフォードやアントニー・マルシャルらスピード自慢のアタッカーを軸に相手ゴールを急襲。そこにポール・ポグバも加わり、マンUは魅惑のカウンターアタックでチェルシーを粉砕してみせた。

英『Squawka』は、名将アレックス・ファーガソン氏が指揮していた当時のマンUを思い出したと称賛している。ファーガソン氏のチームは決してカウンター一辺倒のチームではなかったが、常にカウンターを1つの武器としていた。このスピード感はマンUが常にプレイの引き出しとして持っていたものなのだ。

今夏にマンUはロメル・ルカクをインテルに売却したが、同メディアも指揮官オーレ・グンナー・スールシャールの決断に理解を示している。ルカクをカウンターアタックのピースに加えにくいのであれば、手放してもいいだろう。代わりにスールシャールはラッシュフォード、マルシャル、メイソン・グリーンウッドら自身のスタイルに合うFWを選んだのだ。

スウォンジーから快速FWダニエル・ジェイムズを獲得したことも納得できる。ジェイムズはチェルシー戦で4点目を決めたが、マンU内でも最速クラスのスピードを誇るアタッカーだ。カウンターには向いている。

今回のチェルシー戦は単なる勝利というだけでなく、スールシャールがどういう路線を求めているのかを確認する機会にもなったはず。「ユナイテッドはスールシャールの下でアルティメット・カウンターアタック・マシーンになる」と同メディアは取り上げているが、この速攻は今季サポーターを何度も興奮させることになりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ