同僚DFがフンメルスの復帰を大歓迎 「過去数年間における最高のDFの1人」

フンメルスの加入を歓迎したアカンジ photo/Getty Images

「とてもスマートに、前向きにプレイする」

3年ぶりに古巣のドルトムントへと復帰したDFマッツ・フンメルス。かつてディフェンスリーダーとして同クラブのリーグ連覇やDFBポカール優勝に貢献した男の経験は、多数の若手選手が在籍するチームに多くのものをもたらしてくれるはず。そんなフンメルスに期待を寄せるチームメイトがひとり。スイス代表DFマヌエル・アカンジだ。

フンメルスと同じセンターバックを務めるアカンジ。直接のライバルとなるわけだが、この24歳はベテランDFの復帰を歓迎している。独『Sprot Bild』はアカンジがフンメルスの加入について次のように語ったことを伝えている。

「フンメルスは素晴らしいクオリティを備えているよ。彼はとてもスマートに、前向きにプレイするんだ。彼は自身が最強ではないことを知っているが、自身のテクニックと試合に対する理解力でそれを補っている。マッツはドイツで過去数年間における最高のDFの1人だよ。彼は僕らに多くの経験をもたらし、助けてくれることだろう」

ベテランDFに対して、アカンジは素直に尊敬の念を抱いているようだ。さらに続けて、彼は「昨季あなたはディフェンスリーダーを務めたが、今季はその任をフンメルスに譲るのか」問いに対して次のように回答した。

「僕はまだ自分ことをディフェンスリーダーだと思ったことはないよ。ただうまくプレイしてチームを助けようとしているだけさ。責任をもってプレイしているけど、それはマッツも一緒だ。誰がディフェンスリーダーになるかはあまり気にしていないよ」

リーダーの地位にこだわりはないと語ったアカンジ。2019-20シーズン、彼とフンメルスはどのような連携を見せてくれるのか。鉄壁の守備を披露し、バイエルン・ミュンヘンの牙城を崩しにかかりたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ