バルセロナMFの古巣復帰は消滅か 恩師が移籍の噂に口開く

バルセロナで苦しい時間を過ごすコウチーニョ photo/Getty Images

称賛しつつも獲得は否定

昨冬の加入以降、バルセロナで苦しい時間を送っているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ。現在、チーム内で彼の立ち位置は微妙なものとなっており、今夏には移籍の噂も浮上している。はたして、来季はどこでプレイしているのか。

現在は古巣であるリヴァプールへの復帰説も持ち上がっている。コウチーニョがリヴァプールで活躍していたことは確か。サポーターが納得するかはわからないが、これは非常におもしろい案のひとつだろう。モハメド・サラーやサディオ・マネの負担を軽減するためのジョーカーとして機能するかもしれない。

しかし、ユルゲン・クロップ監督はコウチーニョについて獲得はないと断言している。米『ESPN』のインタビューに応じた同監督は彼を称賛しながらも、今年のリヴァプールには加入させるための予算がないと次のように語った。

「コウチーニョは世界中どんなチームをも助けることができると思うよ。私はフィルのことが好きだし、彼はファンタスティックなフットボーラーだ。でも、獲得するにはとてもとても高額な移籍金が必要なんだ。今年の我々にはそのための予算がない。不可能かな。彼がバルセロナで幸せを見つけることを本当に願っているよ。もしかしたら、もう見つけているかもしれないけどね。連絡は取り合っているけど、正確なことを知れるほど密接には話していないんだ」

このコメントでコウチーニョの今夏リヴァプール復帰は完全に消滅したと言っていいだろう。過熱する報道に対して、さすがのクロップ監督も否定せずにはいられなかったか。

恩師にバルセロナで活躍するようエールを送られたコウチーニョ。来季こそはスペインの地で大暴れといきたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ