スアレスがスタメンから落ちる!? バルササポーターは”MSG”完成を求めず

バルセロナのスアレス photo/Getty Images

最も好まれる3トップは

新たにアトレティコ・マドリードからFWアントワーヌ・グリーズマンを加えたバルセロナでは、MSGなる攻撃ユニット完成が期待されている。MSGとは、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンの3人で構成されるユニットのことだ。以前バルセロナではメッシ、スアレス、ネイマールで構成されるMSNが猛威を振るったが、あのユニットに並ぶ破壊力が期待されているのだ。

ただ、サポーターの反応は意外にも冷静だ。スペイン『MARCA』は「どんな前線の構成を好むか?」とアンケートをおこなっているのだが、MSG完成を期待するサポーターは36%に留まる。これより多くの票を集めたのは、メッシ、グリーズマン、そしてウスマン・デンベレの3人で構成される攻撃ユニットだ。これが59%の票を集めている。

つまり一部のサポーターはスアレスがスタメンから外れることを望んでいるというわけだ。MSNとの違いは、グリーズマンが左ウイングで能力を発揮できるか分からないところにある。右利きのネイマールは左サイドでのプレイを得意としており、右にメッシ、中央にスアレスの形がフィットした。しかしグリーズマンの場合は左利きで、左ウイングが本職というわけではない。

それならばグリーズマンをスアレスに代えて最前線に置き、右にメッシ、左にデンベレを配する3トップが理想的とサポーターは考えたのだろう。スアレスは昨季もリーガ・エスパニョーラ制覇に貢献したが、やや得点ペースに波があったのも事実だ。昨季途中にも衰えたのではないかとの疑念が広まり、少々人気を落としている。

果たして指揮官エルネスト・バルベルデは新入りのグリーズマンをどう活かす考えなのか。バルベルデも2シーズン連続でチャンピオンズリーグを歴史的な逆転負けで落としているため、サポーターからの人気が落ちている。グリーズマンを活かせないとなればバッシングされることになるはずで、グリーズマンの獲得は戦力アップと同時にプレッシャーかけることにも繋がっていると言える。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ